コース案内

ひゅうが湖コース

※コース番号をクリックすると詳細をご覧いただけます。

髙村 知範 所属プロ

3コースの中では距離が最も短いがトリッキーなホールが多く、飛距離よりもティーショットの正確性とグリーンを狙うショットの距離感などの技術を求められる。

ひゅうが湖コース

HOLE YARD PAR
BLACKBLUEWHITEGOLDRED
14094093923753474
23533373112952844
33983983873722934
43403403143062814
55405215065064715
63503503333063064
72061741591591413
85315144954744745
91581351351151153
TOTAL3285317830322908271236

No.1ホール (PAR4)

攻略ポイント

真っ直ぐな打ち下ろしのミドルホール。フェアウエイ右サイド狙いがベター。縦長のグリーンを狙うショットはピン位置の確認をしてからクラブ選択を。

No.2ホール (PAR4)

攻略ポイント

やや左ドッグレッグのミドルホール。距離は短くフェアウェイキープを優先して。グリーンを狙うショットは距離感に注意。奥からのアプローチは手ごわい。                       

No.3ホール (PAR4)

攻略ポイント

真っ直ぐなミドルホール。左隣りホールは1ペナなので要注意。3段グリーンを狙うショットはカップと同じ段にオンさせたい。距離の正確さが要求される。

No.4ホール (PAR4)

攻略ポイント

飛距離より正確さが要求されるミドルホール。フェアウェイが残り80ヤード地点で途切れ、その先のラフは点在するマウンドにより難度が上がる。ティーショットは使用クラブをよく考慮したいところ。

No.5ホール (PAR5)

攻略ポイント

飛ばし屋は2オンも狙える右ドッグレッグのロングホール。但し、ウォーターハザードがグリーンをガードしているため飛距離とともにコントロールも必要となる。ウォーターハザードに惑わされなければ大きな2段グリーンにオンさせやすい。

No.6ホール (PAR4)

攻略ポイント

やや打ち上げ左ドッグレッグのミドルホール。コーナーぎりぎりをカットしたくなるがコースをセパレートした杉の木のガードは手強い。グリーンは思いのほか打ち上げが強いので大きめに攻めるのがベター。

No.7ホール (PAR3)

攻略ポイント

平坦なショートホール。右手前はバンカーのガードが堅く、奥からはグリーンの下り傾斜が強くアプローチは難度が高い。正確なキャリーボールが要求される。

No.8ホール (PAR5)

攻略ポイント

真っ直ぐな打ち下ろしのロングホール。フェアウェイ左サイドが狙い目だが、目線を下げ過ぎるとアドレスを惑わせられるので要注意。2段グリーンは縦長で、カップの位置によっては使用クラブが大きく替わる。正確な距離の判断を。

No.9ホール (PAR5)

攻略ポイント

池越え、右サイドにはラテラルウォーターハザードも有るショートホール。ティーとグリーンとでは風向きが違う事も多く正確な判断を。池の波紋を参考にすることも一考。景色に惑わせれられずグッドスイングを目指したい。